ガーナ旅行ならではの魅力について

ガーナはアフリカ大陸の西に位置し、南は大西洋に面した人口約2千万人の共和国です。
日本との関係は深く、特産品のカカオはとても品質が良いことで知られ、日本へも大量に輸出されています。
そして、野口英世がこの地で黄熱病の研究中に病に倒れ亡くなっていることから、現在でも日本からの医師が派遣されているなど、交流が親密に続いています。

また、国内で広く親しまれているサッカーは、今では強豪国としてその名を世界に知らしめています。

そんな国、ガーナへの旅行の魅力に、世界遺産にも登録されている「城要塞群のひとつのケープゴースト城」と「アシャンティの伝統的建築物群」があります。

これら2つはアフリカの歴史的遺産でもあるので、訪れた際には是非ともご覧になることをお勧めします。
また食事は日本人の口に合い、特にフフは日本のお餅に似たものをお好みのスープに入れて食べる料理で、レストランでも楽しむことが出来ます。

この他にも、美しい砂浜や風景、数多くの動植物など、一度の旅行だけでは満足しきれないものが沢山あります。
宿泊施設は5つ星ホテルからリーズナブルなホテルまで、国内に多数あるので予算に合わせて選べます。

渡航する際のルートは、日本からの直行便はありません。
一番にお勧めのルートは、東南アジアの都市を経由してヨハネスブルグに渡り、そこから入国するのが低価格で良いでしょう。

そして、ガーナを旅行をする際の注意点は、ビザを取得する時には黄熱病の予防接種が条件になっていますので気をつけましょう。
ガーナ旅行では、他の国では味わえない魅力的な体験がきっと待っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:海外旅行を楽しもう

このページの先頭へ