海外旅行保険の必要性について

海外旅行先で病院にかかると、日本と比べてとてもお金がかかることがあります。
一例として、アメリカで盲腸の手術をすると200万円もの費用がかかると言われています。
もちろん海外で病院にかかった場合でも、帰国後に日本で健康保険に申請し、後日、給付を受けることが可能ですが、支払った額の7割ではなく、日本で治療を行った場合にかかる費用の7割が給付されることになり、結局は高額な医療費を自己負担することになります。

海外旅行保険では、ケガや病気で病院にかかった場合の治療費を補償してくれます。
多くの保険会社が、現金の支払いをせずに病院で治療が受けられるキャッシュレスサービスや、日本語対応の24時間電話サポートを行なっています。

たとえ医療費が高額ではない国に行ったとしても、言葉が通じない土地で病院を探したり、症状を伝えたりするのは難しいものです。
そんな時もこの24時間サポートが、日本語の通じる病院を手配するなどのサービスを行なってくれます。

また、ケガや病気で入院してしまい、迎えに来てもらう必要が生じた際の、家族の渡航費用の補償も受けることができます。
普段は体力に自信があるという人でも、日本とは違う環境でのストレスや疲労で思わぬ病気になってしまうということもあり得ます。

実際に支払われている補償項目のうち、最も多いのが治療・救援費なので、安心して旅行をする為には、海外旅行保険に加入することが必要だと言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:海外旅行を楽しもう

このページの先頭へ