タヒチを旅行する際のポイント

数ある旅行先の中でも南の島はリゾート地として大変な人気があります。
リゾートに人気の土地にはハワイを始め、グアム、サイパン等の行き先がありますが、タヒチもお勧めです。
タヒチはフランス領ポリネシアにある島の一つで、画家のゴーギャンが晩年に移住した島としても良く知られています。

ポリネシアの住人の75%はこの島で生活しています。
島の周囲にはサンゴ礁が広がり、美しい海でのリゾートを求めて多く観光客が訪れます。

そんなタヒチ島のお勧めの理由として、島の気候は亜熱帯海洋性気候に属しており、年間の平均気温が27度で一年を通してリゾートを楽しむことができることです。

公用語はフランス語とタヒチ語で、土産物店などの観光施設では英語が通じるケースも多く、高級リゾート地では日本語が通じる場合もあります。
現地通貨はフレンチ・パシフィック・フランで、日本円を事前に両替しなくてもパペーテ市内の銀行で両替することが可能です。

観光スポットの例としては、ポール・ゴーギャン美術館があり、そこはかつてゴーギャンが住んでいた場所のそばにあり、その生涯をたどることができます。

美術館隣には植物園が併設されており、この植物園ではポリネシアで見られる植物のほとんどが集められています。
他にもビーナス岬はヨーロッパの探検家が初めて上陸した岬として知られ、島で唯一の灯台です。

近くには黒砂のビーチもあり、地元の人をはじめとした多くの人に人気のスポットです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:海外旅行を楽しもう

このページの先頭へ