感動に溢れるロシア旅行に行きませんか

戦後から強くアメリカナイズされてきた日本人にとって、その冷戦相手であった国のロシアはアメリカ程には親密さを感じにくいかもしれませんが、実はとても興味深い国なのです。
国民性はとても大らかで歌や踊りを好み、ユーモアを絶やさずもてなし好きでもあります。
旅行をすればきっとロシアの人情に触れ、一度でこの国の大ファンになってしまうでしょう。

モスクワは亜寒帯湿潤気候で、冬の寒さは大変厳しく、そして長いです。
10月には日本の真冬並みになりますので、寒さが苦手な方はベストシーズンである6~8月に旅行へ行くのが良いでしょう。

真夏でも23度程度にしかならないため、暖かいという表現がぴったりです。

このモスクワでの一番の観光名所はクレムリンで、クレムリンの周囲は2,235mの城壁で囲まれており、観光客は複数ある城門のうち一番高いトロイツカヤ塔から入りますが、ここでは一人一人厳しい荷物検査を受けなくてはなりません。

日本人にも馴染みのある赤の広場は、クレムリンの城壁の北西から南東にかけて広がっていて73,000平方メートルという広さです。
また、聖ワシリー寺院は赤の広場の南橋に建っていて、そのロシアらしい独特な外観と色彩から記念撮影に夢中になるでしょう。

モスクワを離れ、サンクトペテルブルグの南西30kmにはピョートル大帝の夏の庭園があります。
精巧に計算し尽されているその景観の美しさはただ圧倒されるばかりで、チャンスのある方には絶対お勧めしたいスポットです。

ロシア旅行は、人の温かさ・建物の美しさ等、感動に溢れていますから、是非一度訪れてみて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:海外旅行を楽しもう

このページの先頭へ