神秘的な国モロッコへの旅行

モロッコはアフリカ大陸の北西部に位置し、東にアルジェリア、ジブラルタル海峡を挟んで北にはスペインがあります。
海岸の4分の3は北大西洋に、そして残りは地中海に面していて、その青い海の美しさから多くの観光客が訪れています。
首都はラバトですが、首都よりも大きく国内で最大の都市となっているのがカサブランカで、アメリカ映画「カサブランカ」でも有名です。

モロッコには国内に8つもの世界遺産に登録された場所があり、それらを巡るだけでもとても充実した旅行となるでしょう。
中でも特に人気の高い場所がフェズで、1200年の歴史を持つ国内最古の街です。

「世界一複雑な迷路」と言われている旧市街は、観光客が歩けば地図を持っていてもすぐに方向が分からなくなって迷子になってしまう程ですし、また、隠れた観光スポットでもある世界遺産アイト・ベン・ハドゥの集落は泥でできた要塞で、土でできているのに現在に至るまで美しい形のまま残っている大変貴重な遺跡とされています。

モロッコ・チュニジア・アルジェリアにまたがるアトラス山脈にこの集落は存在し、広い土地ながらも入口は1つしかありません。
当時は盗賊の襲撃等が多くあったので、そういった防御策のためです。

そして、カスパと呼ばれる城を建てた民族の末裔が今でも暮らしているのには驚きでしょう。

世界遺産の他にも、美しい海が見られる海辺の街アガディール・タンジェ・ワリディアではリゾート気分を味わえますし、美しい国モロッコへ一度行けば、その魅力に取りつかれてしまう位素敵な場所です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:海外旅行を楽しもう

このページの先頭へ