マリンスポーツや世界遺産など楽しみ方が多彩なメキシコ旅行

ラテンアメリカのメキシコは、日本でもタコスやチリビーンズ等のメキシカン料理で馴染みがあり、サボテンや砂漠といったイメージが強いですが、観光スポットも豊富な楽しい旅行先となる場所です。
カリブの海が素晴らしく綺麗なカンクンは、アメリカ人観光客で溢れ返っている中米が誇る一流リゾート地で、海辺で海を眺めながらのんびりと過ごしたり、シュノーケリングやパラセイリング等のアクティブなマリンスポーツを楽しむのも良いでしょう。

また、世界中のダイバーの憧れの地でもあり、視界一杯に広がるバラクーダの群れの大迫力には圧倒されますし、珊瑚やビビッドな色の魚達に目を奪われ、ジンベイザメのような大物に出会えたら感動を隠せません。

さらに、カンクンを拠点に多くの観光客が向かうのが、マヤ遺跡のチチェンイッツアです。

テレビでもしばしば紹介されるマヤのピラミッドは、四方に造られた階段の傾斜が45度で、階段の段数と残り最上部の1段を合わせて1年間の日数である365段になっており、数学と天文学の知識が高度に発達していた事が伺えます。

球戯場跡は、試合で勝ったチームの主将が神へ生贄として殺され、負けたチームの主将はただ単に殺されるという命賭けのゲームが行われた場所で、その歴史を物語る壁画もそこで見る事ができます。

また、メキシコシティ近郊に位置する世界遺産テオティワカンのピラミッドに登ってみるのもお勧めです。
頂上からの眺めは格別で、パワースポットとしても注目されている場所ですから、いつも大勢の観光客で賑わっています。

メキシコ旅行は楽しみ方が色々あって、何度も訪れたくなる国です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:海外旅行を楽しもう

このページの先頭へ