様々な見所を持つマレーシアへの旅行

マレーシアは、マレー半島の南半分とボルネオ島の北部の一部がその領土です。
昔、銀鉱山の発見を機に発展したこの国の首都クアラルンプールはマレー語で「泥の交わる所」という意味を持っていて、都市のランドマーク「ペトロナスツインタワー」はツインタワーとして世界一を誇ります。
ショーンコネリーが映画「エントラップメント」で、アクションを披露した場所として知っている方も多いでしょう。

マレーシアには首都以外にも見所が沢山あり、その一つに日本でも人気のランカウイ島が挙げられます。

マレー半島西海岸のアンダマン海に位置し、エメラルドグリーンが広がる海に囲まれ、2時間もあればバイクで一周できる程の小さな島で、ユネスコの世界ジオパークにも登録されている豊かな自然と貴重な地質があるランカウイは、海と自然の調和が絶妙です。

もう一つ人気なのがランカウイの南に位置するペナン島で、美しい海を見ながらビーチでのんびりしたり、多文化が共存する街並みを歩くのも楽しめます。

大型リゾートホテルも建っており、思い切りリゾート気分を味わう事が可能です。
さらにボルネオ島に目を移せば、東南アジア最高峰のキナバル山がそびえ立っています。

ユネスコの世界遺産にも登録されていて、熱帯雨林の山麓から始まり、花崗岩で覆われる頂上に至るまで様々な表情を見せてくれますし、固有の動植物が多く住んでいる事でも有名です。

麓に広がる国立公園は、シンガポールがすっぽり入る程の広さがあるので驚きでしょう。
近代的な建物から美しい海や山まで存在するマレーシアに旅行すれば楽しさが一杯です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:海外旅行を楽しもう

このページの先頭へ