マダガスカル旅行で豊かな自然と珍しい動物を楽しむ

海外旅行では中世のノスタルジックな街の雰囲気を味わったり、暖かな地でマリンスポーツを楽しんだりと目的ごとに行く旅先は異なります。
そんな中でもマダガスカルは、珍しい固有の動植物が多く存在しており、また、素晴らしい絶景が見られる地となっていますので、大自然を楽しむならここがお勧めです。
アフリカのインド洋に浮かぶマダガスカルは人口2,000万人を超える国家で、世界では四番目に大きな島となっています。

観光名所に最適な所はいくつか挙げられますが、モロンダバという都市に位置する「バオバブの並木道」は、この島のシンボルにもなっているバオバブの巨木が沢山見られるスポットです。

有名な童話にも出てくる一風変わったバオバブは世界に約10種類あると言われ、そこにはこの地の固有種も含まれます。
青い空とのコントラストや葉の色付きで雰囲気が変わるなど、訪れる度に違う表情見せてくれるので何度行っても楽しめるでしょう。

更に、首都のアンタナナリボから車でおよそ2時間半の所にあるのは「ペリネ自然保護区」です。
この森にはキツネザルの種類の中では最大となるインドリが生息し、まるで会話をするかのような鳴き声を聞きながらミニハイキングが行えます。

他にも、「ベレンティ自然保護区」では、昼行性と夜行性のキツネザルが数種類生息する姿が観察できますし、「カメレオンパーク」は色鮮やかなカメレオンも見ることが可能です。

こういった動物や大自然を堪能するなら、マダガスカル旅行をお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:海外旅行を楽しもう

このページの先頭へ