歴史文化とショッピングの両方が楽しめるホーチミンへの旅行

ベトナムへ海外旅行に向かう日本人は年々増加しており、その中でもホーチミンはフランス統治時代の雰囲気とアジア独特の趣きが一緒に楽しめる地として人気です。
ベトナムの東南部に位置するこの市は最大の商業都市と言われ、その地に住む人々も数も増えてきています。
また街はサイゴン川の西側にあり、プチパリとも称されていた街並みは現在もその面影が残っています。

観光名所は様々で、歴史と文化に触れられるスポットとしては、歴史博物館やサイゴン大教会、ティエンハウ廟といった施設が挙げられます。

歴史博物館では先史時代から現代までのベトナムの歴史紹介、そして年代ごとに分かりやすく文化遺産や美術品が飾られています。

19世紀に建てられた赤レンガ造りとなるサイゴン大教会は、正面に聖母マリアの像が見られ、内部は厳かなゴシック建築の雰囲気を醸し出し、クラシックな風情と歴史が感じられる場所です。

一方ショッピングやレストランなど、ホーチミン市内で最もファッショナブルな通りとなっているのがドンコイ通りで、人気のベトナム雑貨や民族衣装のアオザイといった最前線の商品が集まる地で、世界各国から訪れた観光客で賑わっています。

更にドンコイ通りから延びるドンユー通り、マックティブオイ通りにも同じように買い物が楽しめる店が建ち並んでいますので、ショッピングを楽しみたい人はこちらが特にお勧めです。

歴史文化に触れ、地元の雑貨など買い物も存分に満喫できるホーチミン市へ、旅行に訪れてみてはいかがですか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:海外旅行を楽しもう

このページの先頭へ