グリーンランド旅行でオーロラと氷山を鑑賞しよう

世界最大の島となるグリーンランドは、面積の85%を氷河に覆われている国で、オーロラや氷原などが楽しめるとあって、大自然に触れられる旅行先にはぴったりの場所です。
島の南部は、一年中オーロラが現れるオーラル・オーバルという領域が通っている場所ですから、白夜以外の時期であれば非常に高い確率でオーロラが見られます。

一番よく見られるのは晩秋から早春に掛けての季節で、その中でも晴れた夜空ですととても出やすいです。

黄色や緑、赤に白と見る日や時間、季節などによって異なる光が楽しめるオーロラは、日本ではほとんど鑑賞できませんので、訪れたら是非眺めておきたい自然現象と言えるでしょう。

またこの島は、見渡す限り果てしなく続く氷原も特徴の一つとなっており、まるで彫刻のような雪や氷の塊を一年中見られます。
内陸氷床から海へと放たれていく氷山は、数千年前以上も前にグリーンランドに降った雪が圧縮され氷になったものです。

こうした氷山にはボートに乗って近付くことが可能で、頭上高くそびえ立つその圧倒的な大きさを間近で感じられます。
朝焼けや夕焼けの太陽の輝きと相まって氷の様々な表情を眺められるなど、手付かずの大自然が存分に味わえます。

このグリーンランドへの旅行は、訪れる季節や天候によっても寒さが変わってきますが、夏であっても重ね着可能なセーターや防寒コートの用意が必要です。

加えて、靴は歩きやすい厚底の物を選び、日差しも強いので冬でもサングラスを持って行くとよいでしょう。
オーロラ鑑賞や氷山といった、日本では体感できない壮大な大自然を楽しむグリーンランド旅行はぜひお勧めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:海外旅行を楽しもう

このページの先頭へ