国内旅行保険加入の際に付帯しておきたいもの

国内旅行は外国に比べると比較的安全と言われていますが、旅先でのトラブルに見舞われる事は100パーセント有り得ないとは言い切れません。
実際のところ旅行先での盗難などは毎年多発しています。

ですから、国内の短期間の旅行であっても保険と言うのは重要になっています。
国内旅行保険を取り扱っている保険会社は豊富にあり、大手の損保会社、旅行代理店で運営している旅行保険、クレジット会社によってはカード加入時に付帯されている場合が多いです。

国内旅行保険の中で必ず入っておきたいものとして、携行品の損害時の補償は付帯したほうが良く、実際、旅先でのトラブルで一番多いのが盗難です。

最近の旅行の傾向として、デジタルカメラやパソコンといった高額なものを所持して行く人が多い事もあり、これらの盗難に見舞われたらその時に受けるショックは相当なものですし、無事に見つかる確率はそう高いものではありません。

そんな時に備えて、携行品の損害時の補償をつける事をお勧めします。
そしてもう一つ付帯しておきたいものとして、救援者費用があります。
旅先で病気や事故に遭わないとは限りません。

大きな怪我などをして家族の方が見舞いに行かなくてはならない際に、そこまでの費用は高額になりますし、それを自分、または家族が負担しなければなりません。
救援者費用は万が一、家族がかけつけた時の際の費用をカバーしてくれる保険です。

旅先ではトラブルに見舞われない事がベストですが、万が一に備えて国内旅行保険に加入して安心の旅を楽しみたいものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:目的別の国内旅行

このページの先頭へ