秋の国内旅行は九州でのんびりリラックス

秋の国内旅行でお勧めの県は大分県です。
秋といえば、食欲の秋や芸術の秋などと言われますが、大分県は紅葉がとても美しい場所が数多く存在します。

家族旅行でも友達との旅行、恋人同士の旅行でも感動する事間違いなしの絶景スポットがあり、その絶景スポットは、大分県の九重町という場所にあります。

ここには日本一の大吊橋と言われる九重大吊橋があり、その日本一の大吊橋から眺める一面の紅葉した木々を見れば、大きな感動を得る事でしょう。

日本人は何かの一番などの付加価値を好み、それだけでより良いものに見えるといった方が多く、他の県にも素晴らしい風景は多くありますが、条件の揃ったこの九重の大吊橋は、行く価値が充分高いです。

高速道路などを利用する際は、九重インターがあるのでそこで下り、そこからの道が意外と迷いやすいので観光バスを見かけたら付いて行くのが良いでしょう。
観光バスはこの辺では必ずここを訪れます。

しかし入口が二つあり、注意が必要で、どちらで駐車しても橋は渡れますが、できればメインの方で駐車した方が良いので、北口と書いていない方がお勧めです。
高所恐怖症の方は、風景だけ楽しむ事の方がよく、何しろ橋の下が丸見えなので、高いところが苦手でない方でも足がすくみます。

そして大分は温泉というイメージが強く、実際に良い湯がたくさん存在しますので、目で癒され、体も癒してと癒しを求めて旅行される方には最適な旅行先でしょう。
ぜひ旅行先として検討してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:目的別の国内旅行

このページの先頭へ