人気のある国内の社員旅行先について

多くの会社では、旅行積立をして社員旅行を楽しんでいます。
その目的は、働く人達の日頃の労をねぎらい、日々の仕事のストレスから解放されて親睦を深めることにあります。
日頃敬遠していた上司の意外な素顔を知り、その後の上下関係がスムーズにいったなどというメリットもあり、会社にとって社員は財産で、社員が元気で仕事に打ち込める環境を作る為にも社員旅行は有意義でしょう。

しかし、幹事にとっては毎年行き先をどこにするかで悩むところですが、社員の中には国内なら温泉が良いと言う人もいれば、グルメを満喫したい、アクティブな体験型が良いなど希望は様々です。

予算や日程、社員の年齢構成を考慮した上で、なるべく全員の希望が叶うよう喜ばれる場所を選びましょう。

国内で人気のある社員旅行先は、沖縄、北海道、神奈川の順で、沖縄が人気の理由は、解放的な青い海や空のもと、独特の文化や歴史に触れ、日程に余裕があれば石垣島や宮古島などの離島にも足を伸ばして、また違った魅力を味わう事ができる点にあります。

希望により遺跡巡りなどの観光主体のコースと、ダイビングなどの体験型のグループに分けても良いでしょう。
北海道は、札幌や函館を中心に登別や定山渓の温泉、富良野の花畑や旭山動物園見学を組み合わせたプランが喜ばれています。

神奈川は、都心から近い距離にありながら、箱根、横浜、古都鎌倉など観光スポットが多いことが上位にある理由です。

旅行会社では社員旅行のプランを沢山用意していますので、希望を伝えて、相談しながら計画するのも一つの方法でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:目的別の国内旅行

このページの先頭へ