11月は国内旅行に最適のシーズン

晩秋を迎える頃の11月は日本各地はすっかり秋気に染まり、国内旅行へ出掛けるには最高のシーズンと言えます。
秋は紅葉狩りという表現でも知られている様に、足を運んででもその美しい色彩を眺めたくなる日本の風物詩です。
その紅葉の名所の京都では、見頃が11月中旬からと少し遅めですので11月の国内旅行には特にぴったりの場所で、南禅寺・高台寺・哲学の道・北野天満宮といった紅葉の見所スポットを巡れば、その余りの美しさに言葉を失ってしまうほどでしょう。

紅葉を存分に楽しんだら、京都の素敵な宿でのんびりとした時を過ごせば旅心が更に盛り上がります。

京都ホテルオークラは7階以上の客室から東山の紅葉を望む事ができますし、朝食にはオークラ伝統のメニューである美味しいフレンチトーストが味わえます。

また、祇をん新門荘は京都風情たっぷりの歴史と伝統を持つ祇園の宿で、外に一歩出れば芸妓や舞妓の姿を見られるかもしれません。

そして、秋は「食欲の秋」とも言いますが、このシーズンでしか食べられない食材も多く出るため、秋の味覚を味わいに国内旅行を計画するのも良いでしょう。

秋の味覚の代表格には松茸があり、ホテルグリーンプラザ箱根では期間限定で松茸の土瓶蒸しが付いてくる本格和風会席を食べる事が可能です。
松茸の他にも、秋大根の風呂吹き・鯖の柚子胡椒焼き・仔牛肉の石焼き・そば粉のクレープ等、最高の料理が楽しめます。

師走の本格的な寒さを迎える前の晩秋の頃は旅行にお勧めの季節ですから、計画を練って是非出掛けてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:目的別の国内旅行

このページの先頭へ