国内旅行で持参する荷物の必需品

ゴールデンウィークや年末年始といった比較的長い休みを使ったり、土曜・日曜などちょっとした休日に国内旅行を楽しむ人は多いのではないでしょうか。
海外を訪れるのに比べて国内なら荷物が少なくて済みますし、簡単な日用品であれば旅先のコンビニやスーパーでも手に入れられます。
しかし、財布や航空券など替えの利かない必需品は、自宅に忘れてしまうと大変な思いをしてしまう為、事前にしっかりとチェックしておくことが大切です。

では、その必需品とはどういった物が挙げられるのかと言うと、例えばクレジットカードは、交通機関のトラブルで予定していた日に帰れなかった場合の宿泊費などいざという時に使用できます。

現金があればそれでも良いのですが、ATMが使えない時間帯など引き出せない可能性も考えられるので、旅行先にも持って行っておくと良いでしょう。
また、持病や治療中の病気がある人は、普段から飲んでいる薬を持参する必要があります。

体調不良になった場合に服用している薬があればすぐ対処できますし、乗り物に酔いやすい人は酔い止め薬、飲み過ぎや食べ過ぎに使える胃腸薬もあると便利です。

他にもビニール袋は、ごみを入れられるのはもちろん、着替えを行う時に替えた服もまとめておけますので、必ず持っていった方が良い物の一つです。
特に小さな子供連れですと使用済みのオムツ入れになるなど、活用できる幅が広いので持参することをお勧めします。

旅先で困らないようこういった必需品を忘れずに、国内旅行を楽しみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:目的別の国内旅行

このページの先頭へ