ゴールデンウィークに国内旅行を安くする秘訣

子供がいる家庭では、家族そろっての国内旅行となると、春、夏、冬の各休み期間や混雑するゴールデンウィークとなってしまいます。
中学生くらいになると親とは一緒に行動したがらない年齢となってしまうので、子供が小さいうちに家族の思い出を沢山作っておきたいものです。
但し、ネックとなるのが旅行代金で、特にゴールデンウィークは宿泊料金や飛行機代金が通常の2倍に跳ね上がり、いくら子供料金が半額に設定されていても、4、5人分となると相当な出費を覚悟しなければなりません。

自家用車での国内旅行は渋滞に巻き込まれることを想定しなければなりませんし、長時間の運転は大変です。
そんな時、安く旅行できる方法があれば年に数回の旅行も夢ではなくなりますので、そのポイントをいくつか挙げてみましょう。

飛行機を利用する場合、フライト割増のない便を予約したり、全便割増料金がない旅行商品を選ぶといいでしょう。
出発便は午前中の早い時間帯、帰路は夕方の便が高く設定されています。

もちろん早割や特割などの割引サービスは誰でも知っているところですが、上手に活用すれば格安な料金で抑えることができます。
また、国内線の格安航空会社を利用したパックツアーなども人気があります。

同じ国内旅行代金で比較すると一人当たり2割から3割位は節約ができます。
最後に宿泊先ですが、年末年始やゴールデンウィークに関係なく年中365日同一料金のところを選べば安心です。

最近は日本各地の観光地に広がりを見せており、年々その数が増えています。
いずれにしても、計画は早めに立てることが旅行代金を安くする上では肝心です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:目的別の国内旅行

このページの先頭へ