宿泊目的に合わせてホテルを使い分けよう

宿泊旅行をする際に必要となるのがホテルの手配ですが、様々なタイプがあるのでニーズに合わせて使い分けができます。
例えば海外旅行の場合で日本人に人気のグアムを例に挙げますと、ショッピングを目的とする旅行で旅費は極力抑えたいという方なら、豪華な設備やサービス、オーシャンビューの部屋でなくても、寝泊りできる機能さえあれば良いというバックパッカー向け宿泊施設が最適でしょう。

反対に、宿泊施設滞在型のグアム旅行を計画する方なら、沢山のプールがあったり、見晴らしの良いラウンジで豪華な朝食が付いてきたりするニッコー・ヒルトン・PIC等といった場所が選べます。

日本国内においても、シティ・リゾート・ビジネスという分類に分ける事ができ、まずシティホテルについて見てみると、都市に存在し、宿泊・料飲・宴会全ての部門を兼ね備え、フルサービスの提供を受けられる様なホテルを指しますが、ヒルトン東京・アジュール竹芝等がそれに当てはまります。

リゾートホテルはリゾート地で休暇を楽しみつつ、リラックスした時間を過ごす為の宿泊施設で、神奈川県のハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパ、沖縄県のザ・テラスクラブアットセナ等がその類に入ります。

ビジネスホテルは主にビジネスマンが出張等で利用する為の比較的値段も抑えられた宿ですが、ビジネスマンに限らず一人旅・ファミリー・カップルなどの利用層でも気軽に使える場所として活用されています。

目的に応じてそれぞれのタイプを上手に使い分けて旅行を計画しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:いろいろな宿泊

このページの先頭へ