年末年始には多くの方が利用する新幹線もライバルは多く、対抗していく必要がある

年末年始は、帰省を目的として大勢の方が新幹線を利用します。
新幹線は東京を起点として、東北は秋田、山形方面から、上越方面、長野方面、東海道、山陽、九州方面と全国各地に張り巡らせています。
近年における建設ラッシュで、南は鹿児島から北は青森まで乗り換えることにより、1本のレールで結ばれるようになりました。

年末年始になると、新幹線の乗車率は100パーセントを超えて、方面によっては200パーセントの乗車率になることもあります。
どの方面においても臨時便を運行させているのですが、それでも十分には対応しきれない状況です。

それほど多くの方がこの時期になると新幹線を利用しています。
それぞれの方面において、飛行機や高速バスとの競合を強いられており、速さと運賃とサービスにおいて常にライバル視されています。
高速道路網が充実してきたこともあり、マイカーで移動する方も多くなりました。

マイカーを所有していなくとも、格安でレンタカーを借りることができるようになっていますので、公共交通機関だけでなく、自動車とも競合することとなっています。

多くのライバルがいる中で、年末年始などの繁盛期に限らずに、多くの乗客に新幹線を利用してもらうことが、これからの課題になってきます。

繁忙期以外では、空席が目立つこともあるのです。
価格競争や速さでは争うのにも限界があるため、サービス内容やサービスの充実度で競合する他の乗り物と対抗していくことが、多くの乗客を掴む鍵になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:年末年始の旅行情報

このページの先頭へ