フランスの年末年始は、クリスマスのイルミネーションが1月まで行われていてロマンティックです

年末年始を海外で過ごす方は毎年大勢いますが、日本とは一味違う場所で年末年始を迎えるのも楽しいものです。
フランスでは、クリスマスは家族と過ごし、新年は友達などと過ごすことが一般的で、日本とは全く逆ですが、実はフランスと同じ感覚のお国はけっこうあります。

この頃になるとクリスマスのための市場が出ていたり、町を彩るイルミネーションがとても美しいです。
クリスマスの市場は年末までですが、イルミネーションは1月まで行っているので、それを楽しむこともできます。

年末になるとイベントが大通りで開催されますが、人がとても多く集まってくるので、新年にあるセールに向けて楽しみをとっておくのが良いでしょう。
そして、新年初日はお店が休みのところがほとんどなので、前もって食料や水などを調達しておきます。

日本のように24時間営業のお店はありませんから、いざという時に困らないように準備しておくのがベストです。
特に一番困るのが、使い慣れない薬が必要になった場合です。

普段飲んでいるお薬は、必ず日本から持参したほうが良いでしょう。
また、かなりの寒さなので、防寒着も何着か持っていっておくと安心です。

北国の寒さに慣れてる方はそれほどでもないかもしれませんが、あまり雪が降らない地方の方ですと寒さは身にこたえるかもしれないので、体を冷やさない工夫をしてください。

寒いは寒いですが、冬のフランスは優しい光が雪景色に浮かんで、それは綺麗です。
冬だけしか見られないものもありますから、それらを思いきり楽しんでみることをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:年末年始の旅行情報

このページの先頭へ