年末年始の過ごし方は、その家庭やその年の様々な事情によって、いくつかのパターンに分かれます

年末年始の過ごし方については、その家庭によって、またその年の様々な事情によって、いくつかのパターンに分かれるものです。
まず、年末年始の代表的な過ごし方としては、夫婦であれば、それぞれの実家に帰省も兼ねて挨拶に行くというパターンがあります。

しかし、これは結婚してまだ日が浅いか、子どもがまだ小さいうちが多くなります。
子どもが大きくなってくると、学校行事や友達関係などで、なかなか家族揃って同じタイミングで移動することが難しくなるからです。

サラリーマンの家庭であれば、職種によっては年末年始に纏まった休暇が取れない人もいますので、そういった家庭は、年末年始は家でゆっくりと過ごすということになります。

しかし、日本の年末年始は、もともと家でゆっくり過ごすための様々な風物詩がありますので、それはそれで普段の休日とは違った過ごし方が可能です。

年末の買い出しや、年始の初詣など、日常の中にあっても普段とは違う雰囲気を味わうことができます。
ただし、最近は商業系のお店などは、元旦から営業しているところも少なくないため、そういった意味では日常とあまり変わらない風景の部分も残念ながらあります。

そして、もうひとつの代表的なパターンは、毎年必ず海外旅行に行くといった人たちです。
日本の寒い冬から脱出して、温かい南の島方面に行く人も多く、ハワイなどは、最近では芸能人だけでなく一般人も普通にリピーターとして訪れています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:年末年始の旅行情報

このページの先頭へ