伊勢神宮に初詣に行くための年末年始の計画の立て方

初詣といえば、新年を迎えて、神様にその年の家内安全や健康などを祈願するために、縁のある神社などに家族や友人と参拝しますが、年末の休みを利用した旅行を兼ねて初詣に行くというプランも旅行会社などでは用意しています。
特に、温泉旅館で静かに年を越して、新しい年に向けて体を休めるという人もいます。

このように、年末の休みを有意義に過ごすことで、家族の思い出とともに、行楽としての旅行に人気が集まっています。

毎年この時期は旅行の人気が集中することから、旅行代金やホテル代などが高額となりますが、人気の観光地や温泉地以外では、普段とほとんど変わらない値段で宿を提供している場合もあります。

例えば、お伊勢さんとして親しまれている伊勢神宮に初詣に行く場合には、通常であれば伊勢市周辺の旅館や鳥羽市周辺のリゾートホテルなどに宿泊する場合が多いのですが、これらの旅館やリゾートホテルはお伊勢参りの観光客で予約が殺到しており、通常よりも大変高い宿泊料金となっています。

また、大晦日から元旦にかけては、周辺の道路が通行止めとなり、車での移動は困難です。
そこで、年末年始にお伊勢参りに行く場合には、私鉄で少し離れた場所のホテルや旅館を安く予約し、初詣などの移動は自動車ではなく鉄道で行うことで、安くストレスなく初詣に行くことができます。

大晦日から元日までは、周辺の私鉄は24時間運転を行っているため移動に困ることはありませんし、少し離れた宿であれば、お伊勢さんの周辺よりも安く泊まれます。

年末年始に伊勢神宮の初詣を計画している人は、参考にするとお得に過ごすことができるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:年末年始の旅行情報

このページの先頭へ