年末年始をトルコでお過ごしになるのはいかがでしょうか

年末年始の旅行にトルコはいかがでしょうか。
気候も日本と似ていて4月から10月は比較的雨が少なく遺跡巡りには適している為、有名観光地は混雑しますのでオフシーズンの12月の観光をお勧めします。
ボスポラス海峡を挟んでヨーロッパ側のイスタンブールの旧市街地、パムッカレの石灰棚、伝説で有名なトロイの遺跡、そして最も有名なカッパドキアの奇石など、見所の多くは世界遺産にもなっています。

また、日本ではトルコアイスの名で有名なドンドゥルマと言う粘りのあるアイスクリームは、作っている所を目の前で見せてくれます。

あちこちでドンドゥルマのパフォーマンスを見る事が出来るので楽しめますし、更に本場の濃厚なアイスが味わえます。

そして、地中海の遺跡観光や洞窟ホテルでの宿泊、グランドバザールでのショッピングやベリーダンスショーなど、トルコならではの旅の魅力も盛り沢山です。

イスラム教国なのでクリスマスの習慣はなく、24日も25日も普通に過ごし、大晦日の夜に七面鳥を食べるのが習慣になっています。

31日は友人や家族と一緒に食事やお酒を楽しむというのが一般的な過ごし方になっていて、この日は夜中まで何処でもにぎやかです。

銀行やオフィスは元旦はお休みですが、銀行が休みでも両替商は通常通り営業しているので両替に困る事もありませんし、観光関係もあまり休みがありませんので通常通り観光とショッピングが楽しめますので、年末年始はトルコを訪れてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:年末年始の旅行情報

このページの先頭へ