年末年始の帰省ラッシュを快適にする渋滞予測

年末年始を故郷で過ごす人たちは多く、毎年帰省ラッシュは12月30日がピークとなり、日本各地の高速道路や鉄道、飛行機は午前中から混雑します。
なかなか車列の進まない渋滞は、退屈感や到着時間の予測が立てらない不安などで辟易する人も多いのではないでしょうか。
渋滞の定義ですが、高速道路の場合、時速40キロ以下で走行する、あるいは停止発進を繰り返す車列が1キロ以上で15分以上継続した状態とされています。

渋滞にはまり込むと運転手はイライラし、中には危険運転を犯してしまう人もおり、そうでない場合でも、ストレスを感じた状態での運転は集中を妨げ危険です。

人の移動が集中する年末年始の渋滞を完全に避ける事は非常に難しいですが、日本道路交通情報センターやNEXCO東日本が提供する渋滞予測で事前に調べて活用すれば、渋滞の時間を出来るだけ回避し快適な運転を実現出来ます。

この渋滞予測は、事故や天候などによって予想が大きく変わる可能性はありますが、的中率は7~8割を誇っているので、出掛ける前にチェックすれば大いに役立つでしょう。

渋滞予測情報の入手方法ですが、NEXCO東日本や日本道路交通情報センターのホームページに発表されており、日本道路交通情報センターは電話での情報提供も行っています。

また、NEXCO東日本のホームページには渋滞のメカニズムや対策方法、渋滞に巻き込まれない為のアドバイスが掲載されているので参考になります。
帰省ラッシュを快適に移動したい方は、NEXCO東日本や日本道路交通情報センターの交通情報を大いに利用しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:年末年始の旅行情報

このページの先頭へ