名湯の里、別府を旅行しよう

大分県別府市は、源泉数およそ2800、湧出量が1日およそ10万トン以上と、国内でも有数の源泉数と湧出量を誇ります。
世界中にある11種の泉質のうち10種が集まっている温泉町で、市内には八湯と呼ばれる8つの温泉郷が存在し、それぞれ匂いも色も独特の個性を持った温泉が湧いています。

定番の観光コースとして有名なのが、地獄めぐりです。

多くある源泉を地獄と呼び名所化し、その数ある地獄のうち、海地獄、血の池地獄、龍巻地獄、白池地獄の4つの地獄は国の名勝地にも指定されています。
地獄は単に入浴を目的とした温泉ではなく、温泉の熱を利用して育成された動植物を展示している施設もあり、観覧も可能になっています。

別府を旅行する際は地獄めぐりは欠かせませんが、実は温泉地以外にも数多くの観光スポットがあります。
別府湾の近くに位置しているのが水族館うみたまごと、高崎山自然動物園です。
どちらも自然の生物の表情を間近に見ることができます。

また、あまり知られていないですが、B級グルメも多くあり、冷麺やとり天、プリンは観光客にもとても人気があります。
旅行には大分空港を利用するのが便利で、数ある温泉地、観光スポットをめぐるのには列車を使って旅するのがいいでしょう。
時期によってはスタンプラリーも開催されていて、合わせて楽しめます。

旅館やホテルも充実していて、それぞれ独自の露天風呂や、海の幸、山の幸をふんだんに使った料理も楽しむことができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人気のある旅行先

このページの先頭へ