山梨県内でお勧めする旅行場所

山梨県を旅行するときの楽しみは、何といっても美しい山岳を眺めることにあります。
その代表は富士山であることは言うまでもないことですが、他にも奥秩父の山並みや、赤石山脈(南アルプス)、鳳凰三山、八ヶ岳など数々の名峰が連なります。

甲府盆地の西側に美しい山容を誇るのが北岳、間ノ岳、農鳥岳の三つの山からなる白根三山です。
北岳の標高は3193mで富士山に次ぐ高峰で、明石山脈の主峰であります。
甲府市内からも一望でき、白銀に輝いたその威容は、明らかに他の山とは違う3000m峰であることを教えてくれます。

白根三山の北側にあるのが、赤石山脈の中でも屈指の名峰で、全国に数ある駒ケ岳の代表とも言える、甲斐駒ケ岳です。
標高は2967mで、全国にある駒ケ岳の中では最高峰になります。
甲斐駒ケ岳は、美しいピラミダルな山容で他を寄せ付けない孤立峰であり、多くの登山家を魅了しています。

山梨県の大いなる魅力である赤石山脈などの美しい山景色を堪能するのに、特に素晴らしいのが中央本線の車窓からの眺望です。
中央本線は、わが国を代表する山岳路線であり、これほど数多くの名峰が眺望できる鉄道路線は他にないといっても過言ではありません。

富士山、八ヶ岳、金峰山、赤石山脈などの絶景が車窓に広がり、また沿線には、桃や葡萄などの果樹園が一面に広がり、果樹王国の山梨ならではの光景が広がります。
春の時期の、真っ青な青空と、真っ白な山の雪景色、そして桃や桜の花が咲き誇る景色はまさに絶景です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人気のある旅行先

このページの先頭へ