ハウステンボスに旅行に出かけて海外気分

ハウステンボスは、長崎県にあるテーマパークです。
前身は長崎オランダ村で、長崎にゆかりの深いオランダの街並みが忠実に再現されたテーマパークは大変な人気となり、沿線の国道が大渋滞するほどでした。
渋滞解消のために国道が拡幅されたほどで、その後1992年に同じコンセプトでより大規模なテーマパークとして開園されます。

残念ながら営業不振が続き、会社更生法の適用を申請しました。
その後、紆余曲折があって、2010年にようやく再出発をすることになります。

開業以来続いた赤字経営を脱却し、施設をリニューアルして新しいイベント、例えばガーデニングワールドカップ、イルミネーションイベント、光の国、光の王国、ホテルのリニューアルオープンなどを開催したり、さらには日本一長いシューティングスターとアドベンチャーパークをオープンしました。

そして、展覧会やクリスタルパレードと、次々にイベントを追加した結果、黒字経営に転換し、テーマーパークとして復活します。
ハウステンボスとは、オランダ語で「森の家」で、ベアトリックス女王が住むハウステンボス宮殿を再現したことから名付けられました。

長崎県は日本の西端に位置しており、地理的には不利な場所でありますが、江戸時代には鎖国の中で唯一外国に開かれていた土地でもあります。
その頃はオランダとの親交もあって、そのことがオランダ村などの開園につながっています。

現在は園内にあるホテル群もリニューアルし、異国の風景を楽しめる旅先に選べば、パスポートのいらない外国旅行を疑似体験することができます。
ぜひ一度、ハウステンボスを訪れてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人気のある旅行先

このページの先頭へ