熱海に旅行して、温泉と観光でリフレッシュする

日頃の疲れを取り、リフレッシュを目的に旅行へ行くならば、温泉へ行くのが適しています。
日本各地に温泉地はありますが、海、山、川の自然に恵まれ四季折々の草花が楽しめる熱海に出掛けてはどうでしょうか。
温泉の歴史は古く、およそ1500年前海中から熱湯が吹き出し、魚が死に、不漁に苦しむ漁民たちを救うため、祈願により泉脈を海中から山里や移したと言う伝説があります。
江戸時代には健康に関心の高かった徳川家康が、江戸城にお湯を献上させる御汲湯(おくみゆ)が行われました。

明治以降も文人に親しまれ、この地を舞台にした作品が多くあります。
昭和30年代には新婚旅行のメッカと言われ、白いドレスに白いスーツケースのカップルで賑わいました。

熱海は東洋のモナコと称される程美しい景観は夏の夜はライトアップされ、夏から冬にかけ開催される海上花火大会にも多くの人が集まります。
また、温泉街には七湯と呼ばれる古くからの源泉や、地元の人達の憩いの場として残る6か所の共同浴場があります。

市内の名所や旧跡を効率良く見て回るのに湯〜游〜バスが便利です。
車内に同乗するボランティアガイドによる、名所や旧跡にまつわる様々な案内は大変評判が良いです。

人気の海水浴場のサンビーチや太宰治や谷崎純一郎なども宿泊した、現在は文化財に指定されている起雲閣などを巡る錦ヶ浦・梅園方面と日本三大古湯とされる走り湯や海の見える美術館MOA美術館、縁結びで有名な伊豆山神社などを巡るMOA美術館・伊豆山神社方面の2つのコースがあり、歴史からアートまで、様々な観光が可能です。
ストレス解消をしに温泉リゾート地の熱海へ出掛けてみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人気のある旅行先

このページの先頭へ