箱根旅行では、四季折々の自然や温泉などにより生命を維持する自律神経が整う転地効果が期待できます。

温泉は体に良いと言うのは周知の事実ですが、それは湯の薬効だけではありません。
旅行といった日常の生活を離れ、いつもと違う環境に身をおく事は大変気分転換になります。
特に自然が多い環境だと五感が刺激され、脳内の分泌系やホルモンバランス、呼吸、消化器官等、生命を維持する自律神経が整う転地効果が期待できます。

転地効果は滞在5日から6日で活発になって、1ヶ月ほどの滞在で効果は薄れるそうですが、1日の宿泊でももちろん効果は得られます。
次に、温かい温泉に浸かれば血行が良くなり代謝も上がります。

また、水圧の効果で内臓や脚など全身が圧迫され、これはマッサージを受けているのと同じような状態となります。
ですから、ストレス解消や免疫力アップに良いと言われています。
ところで、箱根は都心から近く、温泉や観光が楽しめる手軽な旅行先です。

例えば、芦ノ湖に浮かぶ、海賊船を模した遊覧船から眺める景色には富士山の姿もあり、四季折々の表情を見せます。
早朝には、芦ノ湖に逆さ富士が映る時もあって、これもまた絶景です。

他にも、山の傾斜を登る為のスイッチバックが有名な、登山電車の車窓から見えるのどかな風景は、春は桜、初夏は紫陽花、秋は紅葉、冬の銀世界と、どの季節もそれぞれの良さを持っています。

また、温泉の泉質はエリアによって分かれており、箱根湯本エリアや宮ノ下エリアは、単純温泉やナトリウム塩化物泉、甲羅、仙石原エリアでは主にカルシウム硫酸塩泉が楽しめます。
芦ノ湖エリアは、単純温泉や単純硫黄温泉になります。
転地効果を狙った旅行先に、豊かな自然と豊富な泉質の箱根は最適です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人気のある旅行先

このページの先頭へ