北陸旅行は、有名な観光名所巡りや日本海の海の幸を堪能出来たりと楽しみが豊富

北陸への旅を考えた時に即座に思い浮かぶ場所として、金沢の「兼六園」や「武家屋敷」、富山の「黒部ダム」や「室堂平」、福井の「若狭和田海水浴場」などがあります。
季節を問わず観光名所が沢山あり、とても魅力的なイメージです。

そして、有数の温泉街や日本海の美味しい海の幸など楽しみ方は豊富にあります。
しかし、そんな定番な旅行の他にも、北陸への旅は意外に穴場的な楽しみが多いのです。

まず、ゴールデンウィークに行われる富山の高岡御車山祭りは、全国的には知名度が低い祭りですが、国の重要無形民俗文化財などにも指定されるほどで、七基の曳山は見るものを圧倒的に引き込みます。

次に、夏のイベントとしては、金沢の西茶屋街で行われる「金沢芸妓・西茶屋夏まつり」がお勧めです。

一般的には一見さんお断りのお茶屋ですが、予約をすれば、誰でも芸妓と一緒に祭りを楽しむことが出来ます。
そして福井では「冬のイルミネーション」のイベントが行われます。

福井市の中央公園内の東西を結ぶ道が、色鮮やかな3000個余りのライトで演出され、クリスマスや年末年始の際にはオールナイトで照らされるのでデートにも最適です。

「食」については、金沢の近江町市場が有名で、見たり買ったりするだけでなく、敷地内で食べる海鮮料理は特に人気があります。
最近では、「とり鍋」が名物として注目を浴びてきています。

そして富山でもホタルイカや寒ブリなどの海の幸が名物ですが、ペンションなどで食べるオリジナル料理を楽しむのも、旅の醍醐味と言えるでしょう。
この他にも、穴場的なスポットやイベント、食事などが多数あるので、自分なりのリサーチをすれば、定番にはない北陸旅行をプランすることが出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人気のある旅行先

このページの先頭へ