季節の移り変わりが魅了する知床旅行

自然環境が貴重として、2005年に世界遺産に登録され、それが大きな宣伝効果となって、旅行者を増やしている知床ですが、もともとは『知床旅情』の歌で有名で、北海道における観光地として人気の高い場所です。
そんな知床は、夏から秋までのシーズンと冬とでは、観光スタイルが一変します。

冬になると豊かな自然を守るために、必要最小限度の環境整備をしている都合上、道路閉鎖などを行い、簡単に人が立ち入れないようになります。
しかしこの季節には、この時期にしか味わえない風景が表れ、それもまた人気を呼んでいます。

まずは、自然の動物たちの動きが活発になり、それを写真に収めようとする観光客やプロのカメラマンが訪れます。
そして、オホーツク海の夕日も見事で、展望台からの眺めは格別です。

さらには、流氷の上を歩くウォークツアーもあるので、冬ならではの楽しみは豊富にあります。
夏から秋にかけては、知床五湖の観光もお勧めです。

まさに秘境と呼べるこの地は、原生林が作り出す生態系を感じることができ、水面に映し出された木々の姿に心を揺さぶられるでしょう。
また、遊覧船に乗りながらの、海上からの眺めも一見の価値があります。

大自然の中、高さ200メートル程もある崖や数々の滝などのダイナミックさは、見るものを圧倒します。
雄大で豊かな自然や様々な動物、温泉地も数多く、旅行者が喜ぶシチュエーションが揃っています。

中には無料で利用できる温泉もあるので、リーズナブルに旅を楽しみたいと思う人には大変喜ばれています。
知床の観光スポットは、季節によって思いがけずにその姿を幾重にも変えます。

そんな想像を掻き立てる旅を是非、体験してみてはいかかでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人気のある旅行先

このページの先頭へ