広島を旅行する1泊2日の観光コース

広島は、瀬戸内海に面する風光明媚な地域にあり、日本三景の一つである安芸の宮島とその中にある厳島神社は、ユネスコの世界文化遺産に登録され、多くの旅行客で賑わっています。
広島に旅行するなら、ここははずせない観光スポットです。
宮島は古くから神の島として崇められ、厳島神社の雅な社殿や朱塗りの大鳥居が、紺碧の海と緑の自然に映えて、思わず息を飲む美しさと荘厳さとなっています。

広島駅から電車に25分ほど揺られて宮島口駅に到着後、桟橋からフェリーに乗リ込みます。
15分で宮島に着きますので、そこから10分ほど歩くと厳島神社の姿が見えてきます。

海を敷地とした稀に見る大胆かつユニークな構成と、平家の時代を偲ばせる荘厳華麗な神殿造りの建築美を楽しみましょう。
時間によっては潮の満ち引きがあり、また異なった趣が感じられます。

豊臣秀吉が戦没将士の慰霊の為に建てた千畳閣などもゆっくりと観賞した後は、ロープウェーのある紅葉谷へ向かいます。

弥山の頂上からは瀬戸内海や四国連山の雄大な景観が望めま、弘法大師が開基したお堂などが建ち並び、一帯にある奇岩や怪石、天然記念物の原始林が大自然の風光美を見せています。

宮島周辺にある宿に1泊し、2日目は、もう一つはずせない場所である平和への願いのシンボル平和記念公園と原爆ドームを訪れ、平和への感謝と恒久平和の実現を祈り、犠牲者となった方々への黙祷を捧げましょう。

お昼は、ソウルフードとして愛されているお好み焼が味わえる名店が一堂に集まる「お好み村」がお勧めです。
1泊2日で、ゆっくりと広島の歴史を感じられる旅行ができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人気のある旅行先

このページの先頭へ