修学旅行に関西方面が選ばれる理由

京都、大阪、神戸の京阪神を中心とする地域を総称して関西と呼びますが、関所の西という意味で関東の対義語として使われます。
地域によっては中学生や高校生の修学旅行の地に選ばれており、観光に加えて歴史を学ぶことができる最適な場所です。
日本の歴史を学ぶという意味では、広島まで足を伸ばし、戦争について共に考えるコースを選択する学校もありますが、特に首都圏の公立中学校では依然として古都の京都、奈良方面を行先にしているところが多くあります。

では、この地域が行き先に選ばれるのはどうしてなのでしょうか。
それはまず、関西は古い歴史と文化に触れることができる点が挙げられます。

日本に初めて本格的な都が築かれた平城京が奈良にあり、京都の平安京への遷都以降は京都が朝廷政治の中心の場として、華やかな宮廷文化と共に発展してきた歴史があります。

それらの歴史や文化的な遺産を、教科書だけでなく実際に目で見て、触れて確認することは教育的にも重要なことです。

また、修学旅行に出発する前に、事前学習としてグループで研究する際の豊富な資料が揃っている点も学習に便利で、寺社仏閣など名所旧跡の場所が集中しているので、移動距離が少なく効率的に見て回れます。

最近では、大阪に開業した大型テーマパークや大震災を経験した神戸市、伝統的な焼き物の陶芸体験など、生徒たちの意見を取り入れて組み入れたコースを回る学校も増えています。

これら関西の都市間の移動にも交通手段が整備されており時間がかからないことも、修学旅行先に選ばれる理由の一つです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人気のある旅行先

このページの先頭へ