朝食が評判の隠れ家的な宿、沖縄第一ホテルに泊まろう

沖縄県那覇市内にある国際通りの近くに沖縄第一ホテルがあります。
このホテルは、1955年創業の老舗のホテルで、2011年に現在の地銀通りに移転しオープンした隠れ家的な趣の宿で、客室は全5室という小さなホテルです。
ロビーには染織物やガラス製品、焼物など沖縄の伝統工芸品が飾られており、中庭は綺麗に手入れがされていて、繁華街の中にあるのに静かな空間が広がっています。

客室には移転前から使用していたアンティークな調度品が置いてあり、ミニキッチンとバストイレ、テラスがあります。

このホテルは朝食が人気で、80代半ばの看板女将が伝統文化食にこだわりを持っており、自ら考案した薬膳朝食は、野菜ソムリエが沖縄の島野菜をふんだんに取り入れてメニューを作り、20品目以上の料理がテーブルを埋め尽くします。

長寿食とも言われる沖縄の味を堪能するために、朝食目当てで訪れる人も少なくありません。
夕食は中庭の見える離れで、沖縄県産豚や新鮮な海の幸を使った琉球宮廷の会席料理が味わえます。

和室と洋室がありますが、宿泊料金は素泊まりで1泊5,250円からとなり、食事は別料金で朝食が3,150円、夕食は6,300円と8,400円のコースから選ぶ完全予約制となっています。

ホームページはないため、詳細についての問い合わせや予約は直接電話をして確認する事になります。
家族で経営しているこの小さなホテルは、移転前から利用しているリピーターも多く、繁華街も近いので、観光の拠点にも便利です。

沖縄第一ホテルで体に良い食事を堪能し、ゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:沖縄のホテル

このページの先頭へ