ワシントンホテルがホテルグレイスリー沖縄の名称で2016年に誕生します

ワシントンホテルは首都圏を中心に展開するビジネスホテルチェーンで、業界のパイオニアとして創業以来業界をリードしています。
全国に数多くホテルが建っていますが、青い空ときれいな海、美しい自然が魅力の島として知られ、独特な伝統文化も人々を惹きつけてやまない沖縄にも2016年の春に開業を予定しており、ワシントンホテルを経営する藤田観光は、ホテルグレイスリー沖縄の名称で、国際通りに利便性と効率性にさらに居心地の良さをプラスした次世代タイプのホテルを建設中です。

ホテルグレイスリーは、札幌、銀座など現在4箇所が営業中で、沖縄は5つ目のホテルになります。

それぞれの魅力を高め次への可能性を広げる為、ワシントンホテルとホテルグレイスリーの2つのブランドを繋ぐWHGが始動開始し、さらに1ランク上の空間とサービスの提供を目指しています。

宿泊者専用ラウンジや、宿泊者以外のホテルへの立ち入りを防ぐセキュリティーシステムを採用し、より快適で安全な滞在を提供します。

観光やビジネスの拠点として最適な繁華街に近い立地に198室を建設中で、シングルルームの広さでも18平方mと広々快適な滞在を可能にしています。

既存の3ホテルではレディスルーム特別アメニティとして、女性に人気の入浴剤クナイプとコラボした企画などを実施していますので、沖縄においても女性に向けたプランの充実が期待されます。

また、しっかりと朝食をとりたいとのニーズに応えるこだわりの朝食にも定評があり、一日の活力を養うには十分です。
一日も早い開業を待ち望む声が多く聞かれます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:沖縄のホテル

このページの先頭へ