沖縄旅行の宿泊は「かりゆしホテルズ」で

沖縄県は日本の最西端にある県で、大部分の地域が亜熱帯に属し、年間の平均気温は約22度となっていますが、35度を超える猛暑日は殆どないので夏でも比較的過ごしやすい地域と言えます。
また、首里城や美ら海水族館、辺戸岬、今帰仁城跡と様々な観光スポットや、エメラルドビーチをはじめ恩納海浜公園ナビービーチ、万座ビーチといった多数の美しいビーチが見られるなど、本土とは違った風景が楽しめますので旅行の地には最適です。

このように観光地としても有名な沖縄県は宿泊施設も非常に充実しており、中でもかりゆしグループの経営するかりゆしホテルズでは6つの宿泊施設があるため、リゾート気分を存分に味わいたい人にお勧めします。

例えば「ビーチリゾート・オーシャンスパ」は、ハイクオリティなホスピタリティサービスと共にマリンリゾートを満喫できるホテルです。

客室は、東シナ海が望めるオーシャンタワーと8タイプの部屋が用意されたウイングタワーの全部で516部屋で、早割プランやロングステイプランなど様々なプランも設けられています。

また、恩納村にある「スパリゾートエグゼス」は、高級感溢れるシックな館内でゆったりと寛げます。
客室は9タイプの部屋があり、広々とした空間がモダンなインテリアの落ち着いた雰囲気を演出しています。

更に建物の9階にあるロイヤルエグゼススイートでは専用プールも利用できるようになっており、贅沢な一時を過ごせます。

他にも、かりゆしグループの宿泊施設には、「アーバンリゾート・ナハ」「琉球ホテル・ナハ」といったリゾートホテルがありますから、是非泊まってみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:沖縄のホテル

このページの先頭へ