夏の前(4月、5月、6月)の気候について

4月から6月は、本島の気候で言うと少し暖かくなりはじめ、そして少しずつ梅雨が始まり、また肌寒くなる季節です。
上着が要るか、要らないかぐらいのころなので、まだまだ海の季節とは程遠いです。
でも、沖縄では偏西風が吹き荒れる冬の時期が終わり、4月はだんだん天気が安定してきて、初夏のような陽気になってきます。

よく、沖縄の言葉で「うりずん」というのを聞くことがあると思いますが、4月の季節を「うりずん」といいます。

気温は平均24度ぐらいで、最低でも18度なのでとても過ごしやすいでしょう。
海にもそろそろ入れるようになりますが、これは気温や天気によって微妙です。

ただし、4月後半になってくると日差しも強くなるので、海水浴も充分に楽しめるでしょう。
5月になると、かなり蒸し暑くなって、最低気温も20度以上になります。

日本で言うと7月のような気候なので、服装は半袖で大丈夫です。
ただ、ゴールデンウィークを過ぎたあたりから、梅雨の時期に入ります。

気温は高いので、海に入ることは出来ますが、5月の中旬から下旬にかけては天気が不安定になってしまいます。
6月の半ばぐらいまで梅雨が続きますが、そのあとは真夏の気候になります。

最高気温は30度近くまでなるので、かなり暑いです。
服装はもちろん半袖短パンがいいと思いますが、日よけのことを考えると、薄手の長袖を持っていった方がいいかもしれません。

マリンスポーツや海水浴は思い切り楽しめますし、本土のいろんなところでイベントも開催されるので、まさに本島の8月ぐらいのイメージで大丈夫です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ