沖縄にある琉球村について

恩納村と言えば、世界でも5本の指に入るぐらい透明度が高い海と、白い砂浜が続く海岸が人気のリゾートエリアです。
マリンスポーツを楽しむ人、ただリラックスしたい人、ビーチパーティなどのイベントを楽しみたい人で年間を通して賑わっています。
恩納村は、沖縄本島の中央部にある、西海岸沿いにあるエリアです。
那覇空港から、車で1時間ほどで着いてしまうので、アクセスが良いことも人気の理由でしょう。

人気のリゾートエリアの恩納村にあるのが、「琉球村」というテーマパークです。
那覇空港から国道58号線を北上して30キロ、那覇からは沖縄バスや琉球バスを使って行くことも出来ます。

沖縄の伝統芸能を楽しんだり、伝統工芸作りを体験したり、自然を体感出来る人気の琉球村です。
「作る」「学ぶ」「語る」の3つのテーマで、他の観光地にはない、沖縄の魅力を味わえます。

季節によっては、サトウキビの収穫体験が出来たり、ハブショーを見られるので、普通のテーマパークとは違った体験が出来るでしょう。
テーマパークというと、人工的にいろんなアトラクションや設備があるように感じるかもしれません。

しかし、「琉球村」は登録有形文化財に指定されている古民家で、昔の沖縄の街並みを再現した村です。
この古民家の中で、「おばあ」の語りを聞いたり、シーサーを作ったり、琉球の衣装を着たりして、沖縄の文化に直に触れられるのが魅力です。

タクシーでもバスでも、那覇から気軽に行ける距離の「琉球村」で、昔の沖縄にタイムスリップすることが出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ