ナゴパイナップルパークについて

熱帯地方の果物と言えばパイナップルですが、そのパイナップルをテーマにしているのが「ナゴパイナップルパーク」です。
広い園内には、なんと100種類以上のパイナップルが育てられています。
この園内を可愛いカート「パイナップル号」に乗って散策するのですが、自動操縦なので周りの景色を思う存分楽しむことが出来ます。

パイナップルの苗、花、姫パインからパイナップルの実になるまでの成長過程を見ていくのも楽しめます。
もうひとつの見どころは、温室でさまざまな亜熱帯植物を楽しむことが出来る「トロピカルガーデン」です。

中でも、鮮やかな色彩を放つ「アナナス」は、普段は見ることが出来ない花です。
アナナスはパイナップル科の熱帯植物で、トロピカルガーデンでは、約500種類ものアナナスを観ることが出来ます。

他にも、マンゴーやパパイヤ、バナナなどの果物や、ブーゲンビリアやアンスリウム、オオタニワタリなどの植物も鑑賞出来ます。
お土産屋さんでは、パインの食べ放題があったり、パインを使ったお菓子がたくさんあるので、パイン好きにはたまらないでしょう。

リザンシーパークホテル谷茶ベイや万座ビーチホテルなどが立ち並ぶリゾートエリアからは、国道58号線を使って40分ほどで着きます。

美ら海水族館からも35分ぐらいで着くので、観光ルートの中に組み込みやすい立地にあるのが「ナゴパイナップルパーク」です。

観光タクシーや路線バスを使えば、レンタカーがなくても気軽に行くことが出来るテーマパークです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ