Gala青い海ってどういうところか

沖縄の読谷村にある「Gala青い海」は、塩づくり体験、陶芸体験、グラスアート体験が出来るクラフト施設です。
周りをエメラルドグリーンの海に囲まれた読谷村は、世界遺産である座喜味城跡や窯元が集まる「やちむんの里」、読谷山花織りや絞り染めの伝統工芸センターなどがあります。
いろいろある施設の中のひとつが東シナ海を臨む「Gala青い海」で、美しい白亜の建物の中で、優雅な気分を楽しみながらいろんな体験をすることが出来ます。

塩づくり体験は、海水を炭火を煎ることで海水塩を作ります。
手びねりやろくろでオリジナルの器が作れる陶芸は、お手軽コースは2500円から楽しむことが出来ます。

吹きガラスかバーナーワークで作るグラスアートは、グラスだけではなくとんぼ玉のアクセサリーも作ることが出来ます。
こちらも、2000円からチャレンジ出来るので、沖縄旅行の思い出を形にするには最適でしょう。

「Gala青い海」で作られる塩や琉球ガラスなどのお土産を取り揃えている「ショップあおいうみ」も人気スポットです。
「Gala青い海」ブランドの塩「炭火焚き」をまぶした「塩せんべい」はお土産に喜ばれます。

また、読谷村で作られている「読谷山花織り」の織物を使ったバックなども、ここでしか買えないものなので人気です。

地元のこだわり食材を使った琉球創作料理を提供する「あだんの実」、本格アメリカンピザを堪能出来る「オーシャンズピザ」などGala青い海でしか味わえないものが豊富です。

スィーツなら、オリジナルの「塩アイスクリーム」がお薦めです。
見て作って食べて、すべての五感を満足させてくれるのが「Gala青い海」です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ