琉宮城蝶々園には何があるでしょうか

沖縄本土にある琉宮城蝶々園は、亜熱帯の植物、そして蝶が舞い踊る南国の楽園です。
園内は花が咲き乱れ、自然が息づくテーマパークのようになっています。
いろんな沖縄独特の植物の中は、天然記念物のフタオチョウの生息地となっているほか、キノボリトカゲなどを見ることが出来ます。
また、高台から沖縄の真っ青な海、そして大小の島を眺めることが出来ます。

その中に、蝶々ハウス、わくわく昆虫ハウス、展望レストラン、ヤシガニハウスが点在しています。
自然の造形を活かした蝶々ハウスは500坪の広さがあります。

ハウスの中には、滝が流れていたり、原色の美しい亜熱帯にしか咲かない花、植物がいきいきと育っています。
その中を、本島では見ることが出来ない「オオゴマダラ」という蝶が飛び交っているのが蝶々ハウスです。

豊かな色彩の中を、白と黒の大きな蝶が舞う空間は、まさにファンタジックです。
そして、最近食用に乱獲されたせいで、その数が激減しているヤシガニを見ることが出来る「ヤシガニハウス」も必見です。

陸上で生活をする甲殻類の中では最大種のヤシガニは、ヤドカリの仲間です。
ヤドカリと同じ種類と言っても、そのボディーは迫力満点です。

展望レストランでは、海の大パノラマを眺めながら、美味しい沖縄料理を堪能出来ます。
伊江島、水納島、瀬底島、瀬底大橋、八重岳を1度に望むことが出来るのは、ここだけと言っていいでしょう。

貴重な沖縄の生き物、植物、景色、そしてお料理の全てを満喫出来るのが琉宮城蝶々園です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ