壺屋やちむん通りはどこにあるのか

壺屋やちむん通りは、那覇市にある国際通りから分岐している平和通り商店街から、国道330号線(通称:ひめゆり通り)に向けて抜ける道のことを言います。
【壺屋】という名前からも分かるかと思いますが、「やちむん」とは沖縄の方言で、焼き物のことを言います。
壺屋やちむん通りは、約300年前に、当時の琉球王府が、那覇市周辺に散らばっていた陶工を集めて作らせた陶器の町なのです。

第二次世界大戦中に、市内全域を米軍に接収されていた那覇の町は、戦争からの復興の為に、資材を作る場所として一番に接収を解かれた場所で、戦後の沖縄の復興の中心として栄えてきました。

琉球王府時代では、王府内で使用する陶器・骨壷・泡盛の瓶・日常品・陶製の兵器などを作っていて、戦後は復興の資材となる瓦・日常品などが作られてきました。

復興がひと段落して世の中に余裕が出てくると、土産物や沖縄で有名なシーサーの置物など、生産品は変わっていったそうです。
平和通商店街を抜けていくと、「壺屋陶芸センター」という建物が見えてきます。

この建物が、壺屋やちむん通りの目印です。
この建物の前から始まる一方通行に続いている道が、壺屋やちむん通りなのです。

シーサーを中心とした品揃えをしている店が多く、骨壷の店など沖縄独特の装飾が施された物が数多く並べられています。

沖縄の復興の中心となった通りと考えると、色々な思いを抱きながら観光することが出来るのではないでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ