ホエールウォッチングは沖縄でできますか?

ホエールウォッチングとは、その名の通り鯨類やイルカ類を自然の中で観察することです。
自然観察などとしても行われていますが、趣味や観光の一種として位置づけられているようです。
沖縄でも、12月~4月の間に遠いシベリア海域からきたクジラに出会うことが出来ます。
ホエールウォッチングでは珍しく、出会える確実はほぼ100%を誇っていて、運が良いとなんと、親子クジラにも出会えるそうです。

ホエールウォッチングへ行く際に、用意しておいてもらいたいものがあります。
まずは酔い止め薬です。
あまり船酔いしたことがないという方も、念のために服用しておくと良いでしょう。

また防寒対策も大切です。
沖縄は暑いと思われるかもしれませんが、海のど真ん中は少し寒いので準備が大切です。
デジタルカメラなど、カメラを持って行くかと思いますが、必ず防水対策を考慮しておきましょう。

海の状況によっては波しぶきがかなり上がる場合がありますし、手を離してしまわないようにカメラにストラップをつけることもおすすめします。

ホエールウォッチングの見所は、何といってもクジラのパフォーマンスです。

潮吹きや、横向きになって4~5Mもある胸びれを水面に打ち付けたり、身体を水面上から宙へと持ち上げ空中で回転してから海中に落ちていったりと、ダイナミックな動きを見ることが出来ます。

ホエールウォッチングは沖縄へ行く際に、旅行のプランなどに組み込まれていることが多いので、ホエールウォッチングがついた旅行プランで行かれてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ