残波岬の見どころはなんでしょうか

残波岬は、沖縄県中頭郡読谷村字字座にあります。
那覇空港から車を利用して、およそ1時間で着きます。
駐車場は無料で、入場料金も無料となっています。
残波岬は、東シナ海に面している岬で、高さ約30Mの断崖がおよそ2KMも続いています。

第二次世界大戦中、沖縄に米軍が上陸したさい、この残波岬を目印に上陸したという歴史が残っている岬です。
見所はまずは素晴らしい眺めです。

晴れた日ですと、慶良間劣等なども見ることが出来るそうです。
高い岬から眺める海は、青く透き通っていてとても美しいです。

残波岬には、残波岬灯台があります。
高さ28M・水面上44Mもある灯台は、大人150円子供20円で、上へ登ることが出来ます。

もっと上から眺めを楽しみたい方は、ぜひ登ってみてください。
てっぺんへあがると、疲れも吹き飛ぶくらいに美しい景色を見ることが出来るそうです。

また、いこいの広場も設けられています。
お子様には嬉しい、遊具もありますし広場には動物たちもいるようです。
また大きなシーサーの像が建てられているので、記念撮影するにはもってこいの場所ではないでしょうか。

また釣りをするのにも良いポイントですので、釣り好きの方は地元の方と一緒に釣りを楽しまれてはいかがでしょうか。
ただ崖はとても高いので、足元には気をつけるようにして下さい。

崖の上は風が強いので、防寒対策をされて行くことをおすすめします。
夕方には夕焼けに生える灯台が、何だか切ない雰囲気をかもし出すそうです。

少し時間をずらして行ってみるのも、良いかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ