古宇利島・古宇利大橋はどこにありますか

古宇利島は、沖縄の離島です。
沖縄本島の北部に位置し、住所は今帰仁村になります。
2005年2月に、全長1960Mにもなる古宇利大橋が開通し、これまでは名護の運天港からフェリーでしか行くことが出来なかったのですが、車で気軽に行くことが出来るようになったのです。
古宇利島へ渡る古宇利大橋は、まだ出来たばかりですので本当に綺麗です。

もし古宇利島へ渡っていくのならば、晴れた日に渡ることをおすすめします。
太陽の光を浴びた海は、本土では考えられない位に綺麗なエメラルド色に染まっているんです。

何層もの青色が織り成す、沖縄ならではの自然の神秘を、ぜひしっかりと見て下さい。
古宇利島は、別名フイ島・恋島・越島と言われています。

それは、アダムとイブの物語にそっくりな神話があるからなんです。

【昔、古宇利島に男と女が居ました。二人は裸でしたが、恥らうこともなく毎日神様が与えてくれるお餅を食べながら、仲良く暮らしていました。ある時、成長した二人はお餅を蓄えることを覚えたので、神様はお餅を与えるのを辞めました。仕方なしに彼らは浜へ出て、魚を取ったりして生活するようになりました。あるとき、ジュゴンが浜で交尾をしていました。そこで子作りの意味を理解した二人は、子孫を増やすことを知り沖縄の島々に人が増えていきました。】

こういった神話があることから、恋島といったふうなロマンチックな呼び名がついたのでしょう。

古宇利島には、二人が子作りをしたといわれる洞も残っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ