海中道路の見どころについて

海中道路は、沖縄県うるま市与那城屋慶名~平安座島へと続く道路です。
那覇空港から車で高速を利用して、那覇インターチェンジから沖縄北インターチェンジ経由で、約50分で着きます。
海中道路は、海中にあるのではなくて、海に埋め立てて造られた、海の上を走っている全長約5Kmの通行無料の道路です。
沖縄本島から、浜比嘉島、平安座島、宮城島、伊計島へと渡るとても重要な道路なんです。

見どころは、やはり道路の両サイドから見える海ではないでしょうか。
晴れた日に走ると、本当に清清しい気持ちで爽快なドライブを楽しむことが出来ます。

道路沿いには地元の人が海水浴やマリンスポーツを楽しんでいるそうです。
両サイドに美しい海を見るためには、晴れた日の満潮の時間を狙いましょう。

干潮時ですと、干潮している箇所が多いので海を見たい方は、少し期待はずれになってしまうかもしれません。

また、海中道路は地元の人にも人気のドライビングポイントですので、駐車場のスペースもありますし、8000平方メートルほどの敷地の中に、道の駅なども建っています。

ドライブに疲れた方は、そこでお土産を買ったり食事をしたりと、休憩されてみてはいかがでしょうか。
道の駅には、買い物できるスペースばかりではなくて、海洋歴史民俗資料館があるそうです。

ドライブだけでなく、歴史を知ることも出来る施設となっているんです。
食事は、海を見ながら食事が出来るように、パーラーなども設置されています。

沖縄の人に人気の、タコライスなどもあるそうなので、地元フードを食べながらじっくりと景色を楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ