瀬長島はどこにあるでしょうか

瀬長島は、沖縄県豊見城市字瀬長瀬長島にあり、那覇空港から一番近い島です。
那覇空港から車で約7分で行けますので、気軽に立ち寄れそうですね。
瀬長島は、那覇空港の南に位置する小さな無人島です。
見どころは、空港が近い為に那覇空港へ離着・発着する飛行機を、間近で見ることが出来ることです。

夏は離陸・冬は着陸が見ることが出来るようで、空港の滑走路の正面に島が位置しているので、真上を大型機が飛び去っていく姿を見ることが出来ます。

また瀬長島の西側は、全てがサンセットポイントとなっているそうです。
東シナ海に沈んでいく夕日を、パノラマ風景で見ることが出来ます。

晴れた日には、そこから前島・慶良間諸島までも見渡せるそうです。
夜景も綺麗だと有名で、那覇空港の光点と離着・着陸する飛行機が見えて最高に綺麗だそうです。

他にも歴史を感じさせる場所として、瀬長グスク跡や、子宝岩などがあります瀬長グスク跡は、琉球時代に瀬長島を支配していた背長按司のお城があった場所とされています。

米軍支配時代に弾薬の島として、面影を残すものが少なくなってしまったが、城壁の石などを見ることが出来ます。
子宝岩は、村内外から人々がここを訪れて子宝に恵まれますようにと祈ったそうです。

岩には上下二つの穴が開いていて、男の子が欲しければ上の穴・女の子が欲しければ下の穴に小石を投げるそうです。

泊まる施設などはありませんが、入り口にお店があったり子供が遊ぶ場所があったり、家族向けのビーチがあったりとゆっくりと過ごすにはとても良い島ではないでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ