伊計島は沖縄のどこにあるでしょうか

伊計島は、沖縄県うるま与名城に属している市まで、面積はおよそ1.75平方キロメートルという小さな島です。
沖縄中部にある海中道路を抜けて、最後にたどりつく島がこの伊計島です。
海中道路をドライブしたついでに気軽に寄って行く事が出来ます。
島に入ると真っ赤な伊計大橋が見えてきて、伊計大橋を渡ると見どころの伊計ビーチがあります。

地元の人にもとても人気で、綺麗なビーチが広がっています。
ここでもマリンスポーツや海水浴が人気のようです。

伊計ビーチを通り過ぎて奥へ進んで行くと、綺麗なサトウキビ畑が一面に広がっています。
そこに見どころの一つである犬名河の案内板を見つけることが出来ます。

犬名河とは、伊計島の北西の海岸沿いのがけ下にあります。
水不足で悩んでいた島の人が、ある日ずぶ濡れになった犬が、がけ下から上がってきたのを見つけました。

不思議に思って下りてみると、水が湧き出ている泉があったという場所なんです。
その後飲み水に困ることはなくなりましたが、石段の坂道を上がりくだりして水汲みするのはかなりの重労働だったそうです。

現在は本当から水道が引かれるようになり、水に悩むこともなくなったそうです。
伊計島の歴史を感じられる場所ということですね。

また、島ならではの伊計灯台もあります。
高さは約14メートルで、真っ白なコンクリート造りとなっています。

島を散策するのは、探検隊になった気分になりとても楽しいと思います。
ぜひ一度行かれてみてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ