浜比嘉島は沖縄のどのあたりにありますか

浜比嘉島は、沖縄県うるま市に属している島です。
沖縄中部にある海中道路を渡った所にあります。
あまり観光地としては有名ではないようで、神々が住む神秘の島という風に言われています。
集落のたたずまいにも、沖縄の歴史がたっぷりと残されていて、行くと心も身体も休まるという不思議な島だそうです。

沖縄にはアマミキヨとシネリキヨという神話が残されています。
アマミキヨとシネリキヨという兄妹が、神様に「あんたたちが石と土を持っていけば立派な島になるよ。降りて行きなさい」と言われ、立派な島を作り子供を儲けて琉球の歴史が始まったというものです。

浜比嘉の見どころは、このアマミキヨとシネリキヨの居住後といわれているシルミチュー霊場です。
シルミチューとは、シディーン(生まれる)チュ(人)というのが語源らしく、神がこの洞窟で子孫をもうけたことから呼ばれたそうです。

洞窟内には女性を象徴した鍾乳石があり、子宝の願かけを行う場所として有名です。
またビーチもとても綺麗ですし、島の周辺すべてが釣りのポイントのようです。

大型魚から、小魚まで狙えるようで、比嘉集落前の船着場はファミリー向けのポイントだそうです。
島の高台には、マリンリゾート浜比嘉があり、宿泊することが出来ます。

高台なので、どの部屋に泊まっても眺めは最高で、夏休みの期間はマリンスポーツのサービスを行っているそうです。

また大展望風呂・バーベキューテラス・パターゴルフなどの設備も充実しています。
神の島で、体と心を安めてみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ