平和祈念公園には何がありますか

平和祈念公園は、本島南部の摩文仁の丘にある公園です。
那覇市の中心部から22㎞、アクセスは車か路線バスになります。
平和祈念公園の敷地内には、多くの施設があるので、一つ一つ見学した後は、公園内を散策しながら海を臨んで一休みしましょう。

見渡す限り美しい海が広がる絶景の丘が広がっています。
「沖縄県平和祈念資料館」は、沖縄戦を後世に語り継ぐための資料が揃っています。

沖縄戦は、第二次世界大戦末期に行われた戦いです。
この戦いによって沖縄では、軍民合わせて24万人の人々が命を失いました。

沖縄平和祈念堂には、平和のシンボルとして高さ12mの平和祈念像が安置されています。
平和祈念公園内には昭和54年に建てられた「国立沖縄戦没者墓苑」があります。

戦後、沖縄県内の戦没者の遺骨は住民の手によって収骨され、この国立沖縄戦没者墓苑に遺骨が移されました。
納骨堂には約18万余柱もの遺骨が納められています。

公園内には霊域参道があり、参道沿いには32府県の慰霊碑が建てられています。
沖縄守備隊司令官牛島中将の自決壕もここにあります。

平和の礎には「平和の火」が灯されています。
沖縄戦最初の米軍の上陸地、座間味村阿嘉島で採取した火に広島市の「平和の灯」と長崎市の「誓いの火」から分けた火を合火して灯しています。

平和のありがたさに思いを馳せるために、是非訪れたい公園です。
近くには「ひめゆりの塔」があるので、両方を訪れる観光プランを立てると時間を有効に使えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ