中城城跡はどういうとこでしょうか?

中城城(なかぐすくじょう)跡は、戦禍を逃れた沖縄唯一のグスクとして有名です。
再建されたのではなく、オリジナルの城壁がこれほど綺麗に残っているグスクは他にはありません。
14世紀に築城が開始され、その後南の郭に始まり、西の郭、一の郭、二の郭と増築されました。
2000年には、「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されました。

中城城の城壁は、琉球石灰岩を積み上げて作られています。
自然の岩石が地形に沿って美しい曲線を描き、崩れかかった城壁が多い他のグスクと対照的です。

1853年に黒船に乗って現れ、日本に開国を要求したアメリカのペリー提督一行は、本土に向かう途中で沖縄に立ち寄りました。

ペリー一行は、中城城跡の視察調査を行い、城の状況を描いた絵図や測量図面等を残し、漆喰もセメントも使わずに崩れ落ちずに400年以上風雨に耐えている城壁作りの技術に感嘆したということです。

グスクは、沖縄の景色を堪能することができる絶景スポットとしての魅力も持っています。
東側からは中城湾と太平洋を見下ろすことができる他、北側からは、勝連半島や読谷方面、南側に与那原や知念半島を見渡すことができます。

場内には大井戸(ウフガー)という井戸があります。
水源に乏しい沖縄で城郭内に水を確保しているのは、グスクの中でも珍しいことです。

南の郭には首里の王を拝む首里遙拝所があります。
中城城跡には、他にも久高島を拝む久高遙拝所など8か所もの拝所があり、多くの信心深い人々が訪れています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ